ブログ記事の書き方マニュアル【Youtuber編テンプレート】

当お仕事では、あらかじめこちらで用意した記事タイトルや見出しを元に、情報を調べながらブログ記事を作成していただきます。

調べる内容は基本的にブログタイトルの内容となり、それ以外にも関連する情報などを盛り込んで頂けると、記事の内容がより濃くなり非常にありがたいです。

ブログの記事の書き方の見本

続いて実際の記事の書き方について解説していきます。

このマニュアルではYoutuber記事作成関係についての記事の書き方についての書き方を解説していきます。

記事は、
柴田紋奈(AYAMAR)の年齢や出身wiki風プロフ!学歴(高校・大学)に彼氏も調査!
というタイトルを見本に作成していきます。

見本の記事も用意していますので、照らし合わせながらマニュアルを読み込むようにしてください。

見本の記事はこちら

記事全体の構成は?

まず記事全体の流れについて説明していきます。

ブログの記事は【導入文】→【本文】→【まとめ】という流れで構成されています。

記事の本文は読者が理解しやすいように、話題が変わるごとに見出しを入れていきます(小説でいう「第◯章 ◯◯◯」という章タイトルのようなもの)

画像1

※見出しの数は必ず3つである必要はありません
※文字数はあくまで目安です

記事の文字数はどれくらいにすればいい

記事の文字数は、1500〜2000文字を目安に記事を書くようにしてください。

1500〜2000文字に揃えないといけないわけではないので、3000文字など文字数が多くなってもOKです。

また、Twitterの埋め込みや引用文などは文字数に含まれないです。

あくまで自分が書いた文章の文字数を数えてください。

記事内に見出しを作る

記事を書き始めるときに最初に行うのが記事の見出しを作ることです。

本文の中には2〜5個程度の見出しを必ず入れ、読者にわかりやすい構成にしていきます。
(見出しの指示がある場合は、指示された見出しで記事を作ってください)

基本的に見出しはh2(見出し2)です。

記事本文の書き方

続いて記事本文の書き方を解説します。

文章は中学生が理解できるレベルで書く!

記事のライティングといっても難しく考える必要はありません。

難しい漢字や、四字熟語、文学的表現などを使わなくていいですし、面白い文章、個性的な文章じゃなければいけないということでもないです。

ブログにおいて本当に良い文章というのは、どんな人が読んでも記事の内容をスムーズに理解することができることです。

難解な表現は、逆に読者のストレスとなることもあります。

なので記事を書くときには、中学生くらいの人に向けて説明するつもりで文章を書いてみてください。

先に結論を伝えて、あとから理由や補足を書く

簡潔で説得力のある文章を書くときのポイントは、先に結論を伝えることです。

「これはこういうことです」「なぜならこうだからです」

というふうに結論→理由というふうに伝えると、読んでいる人にも内容がスムーズに伝わります。

以下の文章も先に結論を伝え、あとから理由などを補足しています。

もちろん例外はありますが、基本的にはこのような順番で記事を書いていくといいので、ぜひ意識してみてください。

文字の色を変えて装飾する

ずっと黒い文字だけが羅列していると見にくいので、強調したい内容や、大事な部分には色をつけて装飾していきます。

ただ、やりすぎてはNGです。

<色を付けすぎた悪い例>

これだと目がチカチカして見にくいですし、どこが重要なのかよくわからないですよね。

そのため、本当に重要な部分だけに色を付けてください。

<シンプルな良い例>

伝えたい所だけ色付けしていますので、見やすいです。

他のサイトからのコピペは厳禁

他人のサイトやブログ、wikipediaから文章をそのままコピペするのは絶対に厳禁です。

他人のコメントを引用する場合は↓

とてもよかったです

引用:Youtube

みたいな感じにすれば良いです。

コピペをして記事を書くとコピーコンテンツとみなされ、Googleからの評価が下がり検索で表示されないということもあります。

 

調べてみても分からない事は、自分の想像で書くのも有りです。

何故そう思ったのか?説明出来るとなお良いです。

 

最後に、誹謗中傷は絶対にやめて下さい。

アダルト的な表現もNGです。

さいごに

今回は数ある中から当お仕事にご応募頂き誠にありがとうございます。

初めのうちはマニュアルがあっても記事を書くのに時間がかかるかと思いますが、継続してやっているうちにサクッと書けるようになってきます。

もし、お仕事の進め方に関してわからないことがあれば、些細なことで も聞いて頂ければと思います。それでは今後とも宜しくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました