ブログ記事の書き方マニュアル【商標雑記記事編テンプレート】

ブログ

この度はお仕事の受注大変ありがとうございます。

当お仕事では、あらかじめこちらで用意した記事タイトルや見出しを元に、情報を調べながらブログ記事を作成していただきます。

調べる内容は基本的にブログタイトルの内容となり、それ以外にも関連する情報などを盛り込んで頂けると、記事の内容がより濃くなり非常にありがたいです。

商標雑記ブログの記事の書き方の見本

続いて実際の記事の書き方について解説していきます。

このマニュアルでは商標雑記記事作成関係についての記事の書き方についての書き方を解説していきます。

【商標雑記ブログ】とは文字通り、いろんな商品に関する情報を紹介していくブログです。

今回は、『商標名+販売店』『商標名+実店舗』などのBuyクエリの書き方についてご紹介します。

Buyクエリとは、『商品を買いたい』と言った検索意図が含まれているキーワードです。

ライバルが少ないと言うのもありますが、すでにBuyクエリで検索してくる人は商品の購入を決めている人が大半なので、記事に訪れてくれた人に訴求すれば高確率で成約に繋がりやすいです。

まずは『クレイエンスの販売店は?最安値の通販や市販の実店舗(薬局)を紹介!
というタイトルを見本に作成していきたいと思います。

見本の記事も用意していますので、照らし合わせながらマニュアルを読み込むようにしてください。

見本の記事はこちら

商標雑記記事全体の構成は?

まず記事全体の流れについて説明していきます。

ブログの記事は【導入文】→【本文】→【まとめ】という流れで構成されています。

記事の本文は読者が理解しやすいように、話題が変わるごとに見出しを入れていきます(小説でいう「第◯章 ◯◯◯」という章タイトルのようなもの)

記事の構成はこちら↓

画像1

※見出しの数は必ず3つである必要はありません
※文字数はあくまで目安です

記事の文字数はどれくらいにすればいいの?

商標記事の文字数は、5000~5500文字を目安に記事を書くようにしてください。

5000~5500文字に揃えないといけないわけではないので、6000文字など文字数が多くなってもOKです。

また、Twitterの埋め込みや引用文などは文字数に含まれないです。

あくまで自分が書いた文章の文字数を数えてください。

記事内に見出しを作る

記事を書き始めるときに最初に行うのが記事の見出しを作ることです。

本文の中には2〜5個程度の見出しを必ず入れ、読者にわかりやすい構成にしていきます。
(見出しの指示がある場合は、指示された見出しで記事を作ってください)

基本的に見出しはh2(見出し2)です。

記事本文の書き方

続いて記事本文の書き方を解説します。

文章は中学生が理解できるレベルで書く!

記事のライティングといっても難しく考える必要はありません。

難しい漢字や、四字熟語、文学的表現などを使わなくていいですし、面白い文章、個性的な文章じゃなければいけないということでもないです。

ブログにおいて本当に良い文章というのは、どんな人が読んでも記事の内容をスムーズに理解することができることです。

難解な表現は、逆に読者のストレスとなることもあります。

なので記事を書くときには、中学生くらいの人に向けて説明するつもりで文章を書いてみてください。

先に結論を伝えて、あとから理由や補足を書く

簡潔で説得力のある文章を書くときのポイントは、先に結論を伝えることです。

「これはこういうことです」「なぜならこうだからです」

というふうに結論→理由というふうに伝えると、読んでいる人にも内容がスムーズに伝わります。

以下の文章も先に結論を伝え、あとから理由などを補足しています。

もちろん例外はありますが、基本的にはこのような順番で記事を書いていくといいので、ぜひ意識してみてください。

商標記事の流れ

商標記事Buyクエリの主な流れを説明します。

流れとしては以下の様になります。

導入文

導入文ではいかに読者に興味を持ってもらえるかがポイントです。

Buyクエリは文字通り、購入意識が高い人へ向けた記事になる為、読者様の購入意識も口コミや効果の記事よりも高くなります。

ここで見出しに対しての結論を伝える事で、読者様の注意を惹きつけます。

簡潔で説得力のある文章を書くときのポイントは上記の通り、先に結論を伝えることです。

冒頭でざっくり情報を伝えてから、本文にて詳しく解説していきます。

市販や実店舗での状況

まずは市販の状況を確認します。

マツモトキヨシやツルハドラッグなどはHPがあるので商品名を入れて販売されていないか検索します。

(2022年〇月〇日時点)と入れた方がより明確になります。

稀に市販でも販売されている商品もあります。

よく他サイトにて、市販でも販売されているのにも関わらず「販売されていませんでしたと書かれているのを目にします。

確かに市販で販売されていなければ、読者様に公式サイトで購入してもらう確率は上がりますが、それではブログの信憑性が下がってしまいます。

人気商品だとTwitterやインスタで商品名を検索すると出てくることもありますし、マツモトキヨシやツルハドラッグの公式サイトで検索する方法もあります。

ですので、一応市販状況は確認しておいた方がブログの信憑性が増します。

一番早いのは『公式サイトに直接問い合わせて』市販での販売予定は無いのか?聞く事ですね。

通販での販売状況

各通販での販売状況を調べます。

時期や月によって価格の変動がある為、ここでも(2022年〇月〇日時点)と入れた方がより明確になります。

ここで、最初に『〇月〇日の販売状況』となってますが
毎日最新状況をチェックしてるので、
変更がなければ情報に間違いはありません。

みたいなのを書いておくと、
販売状況の信憑生が増しますし、今日はどうなのか?と自分でブラウザバックして調べる読者も減ります。

 

更にスクショ写真も入れた方がより、読者に伝わりやすいです!

最安値の紹介

大手通販サイトと公式サイトを比べてお得な方を紹介。

仮に公式サイトよりも通販サイトの方が価格が安い場合がありますが、大半は公式サイトで購入した方がメリットが多いのでそれをアピールします!

 

口コミや評判

インスタや@コスメでの口コミや評判をいくつかピックアップして紹介していきます。

最初に悪い口コミを書いてから、良い口コミを書いた方が、商品の良い印象が残ります。

ただ、そのまま引用表現にしてしまうと文字数にはカウントされません。


裏ワザ
として、私の場合はクラウドワークス上で独自にアンケート調査を実施した事にしてインスタや@コスメのコメントを若干アレンジして書いています。

但し、表現の仕方にご注意ください。

NG表現集は→こちら

 

良いコメント、悪いコメント(ネガティブな口コミ)両方入れた方がリアルに伝わります。

ただし、悪いコメント(ネガティブな口コミ)を紹介したらちゃんとフォロー文を入れましょう。

※稀に新商品だと悪い口コミがない場合が多いです。

逆に悪い口コミがあった方が、商品の信頼性は上がります。

ここでも裏技として、類似商品の悪い口コミをアレンジして2~3つ載せて下さい。

 

また、良い口コミの後に自分の感想を入れると尚良いです!

【例】カラートリートメントの場合↓

今回のアンケート調査では、こんなにも多くのユーザー様が上記のような満足感を
得られている事が分かりました。

私の周りでも、40代に入ってから、
白髪が目立ってきて困っている人が増えてきました。

でも、みんな美容院に行きたいけど、
平日は夜遅くまで仕事だし、休日は子供達の世話で
『なかなか美容院へ行く時間が取れず困ってる』と言う声が多いんですよね。

私はそう言った人に、クレイエンスをオススメしてるんですが、
『自宅で簡単に出来て満足の行く髪に仕上がった』
と喜んでくれることが多いです。

商品の特徴の紹介

ユーザー様に商品がどういったものなのか?を説明する必要があります。

訳の分からないものを購入する人などいませんよね。

ですので、商品の公式サイトの説明を見ながら、自分なりにまとめて商品の説明をする必要があります。

ここで如何に商品の魅力を伝えられるかが鍵となります。

公式サイトの画像などを駆使して読者様に分かりやすく伝えましょう。

まとめ

これまでの総括を書いてください。

他のサイトからのコピペは厳禁

他人のサイトやブログ、wikipediaから文章をそのままコピペするのは絶対に厳禁です。

 

調べてみても分からない事は、自分の想像で書くのも有りです。

むしろその方が、記事にオリジナリティが出て良いです!

何故そう思ったのか?説明出来るとなお良いです。

 

最後に、誹謗中傷は絶対にやめて下さい。

アダルト的な表現もNGです。

さいごに

今回は数ある中から、当お仕事にご応募頂き誠にありがとうございます。

初めのうちはマニュアルがあっても記事を書くのに時間がかかるかと思いますが、継続してやっているうちにサクッと書けるようになってきます。

タイトルやキーワード選定は全てこちらでやるのでご安心ください。

ライター様にはそのタイトルキーワードに沿って、ネットで情報収集して頂き、執筆していただきます。

 

もし、お仕事の進め方に関してわからないことがあれば、些細なことでも聞いて頂ければと思います。

それでは今後とも宜しくお願い致します。

 

masayanより

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました